ライオンズクラブ333複合地区

Lions Clubs International Association 333 Multiple District Site

メニュー

333複合地区内・議長と地区ガバナー紹介

333複合地区内・2020-2021年度 議長と地区ガバナー紹介

333複合地区構成図

333複合地区の5地区、333-A地区(新潟県)、333-B地区(栃木県)、333-C地区(千葉県)、333-D地区(群馬県)、333-E地区(茨城県)で、構成されている複合地域です。

333複合地区 議長挨拶及びガバナー協議会を担う地区ガバナー紹介

333複合地区 議長挨拶  L石橋 貞

L石橋 貞

複合地区スローガン・複合地区年次大会テーマ 『自他利行』 
  複合地区スローガンに、コロナ禍で大変な時に、私はあえて「自他利行」を掲げました。 戦後、経済は欲望と利己、他との競争の渦のなか、成長し続けて参りました。 今、世界中コロナ禍を発端に、今まで眠っていた様々な問題が表れ、今を生きる私達に問いかけている様に思えてなりません、人間の本当の価値が問われるのは、苦境の淵に立たされた時と言われます、人として何を大切に生きるのか、今までの経済優先の生き方から脱皮し、これからは、「利他」の精神に基づいた思いやりのある世界へと、一人々の心によって未来を築いてゆけることを信じます。 大きな命の世界において、自分も他人もないのです、他を利することは自分を利することとなり、自分を利することは、他を利することになります。 今こそ世界の中の人々との間に、我々ライオンズで培ってきた、友愛と相互理解の精神が輝く時と思われます。 『We Serve』

副議長  333-B地区ガバナー L大阿久 九二男
     (栃木セントラル ライオンズクラブ所属)

L大阿久 九二男

ガバナー・スローガンを「感謝」と致しました。私はこれまで感謝と思いやりの気持ちを持ってライオンズの奉仕活動をしてきました。何事も一歩一歩、焦らず無理せず諦めずに奉仕することが大切だと思います。今、新型コロナウイルス感染が世界中で拡大。日本国内においても不要不急の外出や三密を控えるよう政府から要請が出され、ライオンズでも例会や奉仕活動に影響が出ております。今こそ我々333-B地区メンバーが一丸をなり、この難局を乗り越えて地域社会に貢献していきたいと思います。

副議長  333-E地区ガバナー L山川 洋
     (茨城県・牛久茎崎ライオンズクラブ所属)

L山川洋

ガバナー・スローガン「明朗愛和」、アクティビティ・スローガン「思いやりと感謝の心でウィ・サーブ」。ライオンズクラブは一切の見返りを求めず自分の出来る範囲で奉仕活動を行う団体で、メンバーは国際会長であっても立場は同じです。だからこそ全ての人に思いやりと感謝を忘れずに、自由で楽しい奉仕活動を行いたい。目標は会員増強、出席率の向上、LCIFへの寄付です。エクステンションを強く進め、女性会員は倍増を目指します。また例会や奉仕活動の出席率向上のためにさまざまな働き掛けを行います。

幹事  333-C地区ガバナー L岩沼 忠伺
    (千葉ネオライオンズクラブ所属)

ガバナー・スローガンは「守伝創新 伝統に誇りを! 挑戦なくしてチャンスなし!」。これは「伝統を守りながら、勇気をもって新しいことに挑戦する」という考えです。これからのライオンズクラブでは、長幼の序と礼儀は大切にしながらも裃(かみしも)を脱ぎ捨て、メンバー同士が何でも言い合える自由な雰囲気の例会と奉仕活動が、メンバーを育て増やしていくと考えます。不可能の反対語は可能ではなく、挑戦です。新型コロナウイルスで先の見えない状況ですが、思いやりの心を持ってライオンズの和を広げていきましょう。

会計  333-A地区ガバナー L佐藤 義尚
    (新潟県・栃尾ライオンズクラブ所属)

L佐藤 義尚

地区ガバナー・スローガンを「『奉仕 それは優しさのなかから 仲間との 出会いかたりあい』ライオンズの原点を見つめて」とし、「未来への投資 未来への懸け橋 そして仲間作りの場『感謝』」を心に活動してまいります。渋沢栄一翁「夢七訓」に「夢なき者は理想なし 理想なき者は信念なし 信念なき者は計画なし 計画なき者は実行なし 実行なき者は成果なり 成果なき者は幸福なし 故に幸福を求める者は夢なかるべからず」とあります。「ありがとう・信じ合い・未来への輝きの構築」を指針としてまい進致します。

会計  333-D地区ガバナー L田中 勝司
    (群馬県・高崎三山ライオンズクラブ所属)

L田中勝司

ガバナーズ・テーマを「和と輪」、アクティビティ・スローガンを「元気を出して始めよう」としました。行動指針として、①現状打破、②ビジョンの共有、③行動出来る環境を造る、④自ら模範を示す、⑤心から励ます。以上5項目を実践し、サーバント・リーダーシップを発揮して地区全体で前進していきたいと思います。今、私たちは新型コロナウイルス感染症という、かつてない敵と戦っています。先の見えない中ですが、皆で力を合わせてがんばりましょう。

 


以上、各ガバナーコメントは、ライオン誌に掲載されたものを紹介しています。